札幌の木 ライラックとライラック乳酸菌

時計台

ライラックは明治初め北海道の開拓期にアメリカから持ち込まれ札幌市内に大きく広まり、札幌市民50万人を超えた時に市民投票により『札幌の木』に選ばれました。

ライラックは桜と同じくらい親しまれており、毎年5月下旬には大通公園で「ライラックまつり」が開催されます。

美しく咲く約400本ものライラックと本格的なワインやチーズが気軽に楽しめるイベントとして大勢の人で賑わいます。

花の香りに包まれる大通公園はとてもステキです。

ライラックの花

ところでエボルの自社製品である「エボル プロテオグリカン乳酸菌プラス」には、北海道のライラックの花から発見した乳酸菌を配合していることをご存知でしょうか?

北国の厳しい環境で育つライラックの花から採取される乳酸菌は100%植物性乳酸菌です。大豆との相性が良く、オカラカプセルに包むことで生きたまま腸へ届けます。腸内で目覚めた乳酸菌はオカラカプセルを栄養分として活発に活動し始めます。悪玉菌を抑制し、善玉菌を増やし美しい腸内環境を作り出してくれます。

内側からキレイになると見た目も若々しくなり気持ちも前向きになります。

一日に必要な乳酸菌や食物繊維を毎日摂取するのは大変なこと。エボル プロテオグリカン乳酸菌プラスを上手に使うことをおススメします!

「エボル プロテオグリカン 乳酸菌プラス」の販売ページは こちら≫