健康長生きセミナーを開催いたしました。

「腸内細菌と細胞再生から考える」健康長生きセミナー を開催しました!!

株式会社エボルでは、健康長寿を迎える社会に先がけ5月19日札幌で「腸内細菌と細胞再生から考える」健康長生きセミナーを開催しました。

宮田社長


自社製品である「エボル プロテオグリカン乳酸菌プラス」を開発・販売を進める中で出会った研究者の方々に講演をしていただきました。

多くの方たちに普段から健康への関心や理解を深めていただけるよう、難しいテーマを設けずに柔らかな語り口で楽しく進められました。

弊社社長・宮田は、

「北海道の農産物や水産物から健康に役立つ食品を事業化するために(株)エボルを立ち上げました。

北海道の豊かな自然と人材を生かし、長寿社会に貢献していきたい。」

と述べるとともに、

「ご参加くださった皆様との出会いを大切に、これから回を重ね健康の輪を広げていきたい。」

と感謝を述べました。





曽我部正博氏

名古屋大学大学院医学系研究科・

特任教授・名誉教授

曽我部教授

「未来を開く生命:健康を見て気力を養う」

日本人は今、心の豊かさを求めている。それはどのように実現できるのだろうか?それは「手間と愛情を惜しまないこと」。豊かさや幸せのイメージは一昔前の自然と向き合い、決して便利とは言えない「適度にストレス」のある生き方にヒントがありそうだ。

身体(命)は生きようとする細胞一個一個の意思の集団活動そのもの。細胞がやる気をなくしたら、我々動物は死んでしまう。

ストレスは人生のスパイスだ!

スパイスのない人生はつまらない!

適度なストレスは健康な心身に必須であり細胞もストレスを持っている。細胞が元気なうちに細胞に感謝しつつ生きる気力を養ってほしい。





南田公子氏

アテリオバイオ(株)取締役

主任研究員

南田先生

「腸内フローラと健康」

最近、オナラガ臭い!始終オナラガ出る!ウンチが出ない!ウンチが緩い…などの問い合わせが多いのですが、これはすべて腸内細菌にあるガスや菌が原因です。

この問題は、お腹の環境を良くし、良い菌と共生するだけで改善されます。その方法は、良い腸内細菌のエサ(炭水化物・タンパク質)になるものを食べるだけです。米・大豆・ジャガイモ・大麦に多く含まれています。これらの食品を積極的に摂取することで腸内が酸性となり健康で丈夫な体になります。乳酸菌を効果的に摂取することも同様です。

ご自分の腸が健康なのかは毎日のウンチを見て確認しましょう。「色(酸性)・形(水分)・におい(腐敗物の量)」で、ご自身の腸内の状態を把握することが大切です。

「食べ物+乳酸菌」で腸内環境を整え、元気な腸を作り、病気知らずの健康な体に!




 「エボル プロテオグリカン 乳酸菌プラス」販売ページは こちら≫